POSTPARTUM

産後骨盤矯正

こんなお悩みありませんか?

  • 体型がなかなか元に戻らない
  • 肩こりや腰痛が改善しない
  • 慢性的な不調が続く
  • 膝や股関節に痛みがある
  • 妊娠前よりお尻が大きくなった
  • やる気がでない

産後骨盤矯正について

産後は体型や体調の変化などで、不調や悩みを抱える方は大勢いらっしゃいます。その原因の一つが骨盤の歪みです。陣痛に伴いリラキシン、オキシトシン等の女性ホルモンにより、骨盤周囲の靭帯、軟部組織が緩み、骨盤が広がります。それに伴い産道を確保し出産できるのですが、そのために骨盤の形状は勿論、身体の体調まで変化が起こるのです。代表的な事でいうと骨盤の形状の変化や育児、姿勢の変化、筋肉の弱化に伴い肩こり・腰痛が起こりやすくなります。骨盤底筋の働き、筋肉の弱化、または切開に伴い尿もれも引き起こし、胎児がいた時の名残で動静脈や膀胱の圧迫に伴いむくみやすくもなります。他にもお悩みで多いのは産後に伴う体系の変化など、実は前述した症状はほぼ全て、施術に伴い改善できる事が多いです。中には例外もありますが、当院では医学的見解を用い、お悩みの症状を見極め、正直にお伝えいたします。他にもホルモンバランスの乱れのせいで多関節に腱鞘炎のような症状が出ることもあるように、『これって産後のせい?』と思うような症状があれば、抱え込まずにまずはご相談ください。

産後に骨盤がゆがむ原因

陣痛が起こる際に分泌されるリラキシン、オキシトシンなどのホルモンにより、骨盤周りの靭帯や筋肉、軟部組織を緩め、産道確保のために骨盤が開き始めます。このホルモンは骨盤に限らず、様々な働きがありますが、ここでは骨盤の事についてお話しを進めます。骨盤は産後、時間の経過に従い、産前のように戻ろうと(閉じようと)しますが、多くの場合は以前のように元通りに戻ることは、よほどセルフケアをしない限り難しいです。というのも、育児、家事に追われていると姿勢が悪くなったり、授乳時の不良姿勢と、お母さんは自分の時間がなかなか作れません。他にも抱っこなど、無理な姿勢が続くと、骨盤を代表に、身体のいたるところでトラブルが発生することがあります。一度身体に歪みを生じると、人間の持つ自然治癒力が発揮されず、骨盤も正常な位置に戻りにくくなると言われています。

期待できる効果

現状の骨盤のバランスを把握し、骨盤、股関節の開き具合を調整します。施術後は骨盤のゆがみに伴う様々なトラブルが改善し、代表例に腰痛や便秘、尿漏れ、むくみの改善も期待できます。出産後は、できるだけ早く(可能であれば1年以内)産後骨盤矯正に取り組んでいただくことをお勧めします。歪みを少なくした状態で、日常生活を送ることで、様々なトラブルを予防できます。

産後骨盤矯正の期間

産後骨盤矯正は、出産して1~2か月後からスタートするのがベストなタイミングです。1か月以内では、悪露が出ている他、身体が施術に対応できる状態になっていないため、どんなに早くても産後1か月後の検診を行ってから施術を始めることをお勧めいたします。産後6か月以内ならば、施術の効果が十分発揮できると言われています。遅くても1年以内であれば、産後のお悩みに対応できることが多いので、お悩みも含め、まずはご相談ください。

お子様と一緒にご来院ください


産後のママが安心して来院できるように、
子供のための専用スペースを用意してます。

【ご利用時の注意点】

  • 必ずお電話にて事前予約をお願い致します。
  • お子さんが好きなおもちゃがあればご持参ください(当院でもご用意してます)
  • 受付でお預かり出来ますので、ベビーカーでご来院いただけます。
  • お子さんを2人以上連れてこられる際も、予約時にお伝えください。

ページトップへ戻る